COLUMN

コラム

高級ソファー専門店のソファーズTOP > コラム > 東京などの店舗でソファを購入する場合は

東京などの店舗でソファを購入する場合は

ソファの購入にあたって商品や店舗を選定する時には


東京などにある店舗でソファを購入するにあたっては、商品や業者の選び方にも気を配りたいところです。ひと口にソファと言っても、バラエティーに富んだ商品があります。まずソファは既製品とオーダーメイド品に大別することができます。既製品は読んで字のごとくすでに出来上がった状態で販売されている商品です。既製品は同じ規格のものを大量に生産することで、コストダウンを図ることが可能となります。また、浮いた分のコストはリーズナブルな価格設定という形で消費者に還元することができます。商品はすでに完成しているため、実店舗へ出向いて気に入ったアイテムの在庫や運搬用の車両などがあれば、代金を支払って現物を車に積み込んで帰るといったことも可能です。
既製品は負担するコストや時間、エネルギーの面でアドバンテージがあります。ただし、一人ひとりのオリジナリティーを強く反映させた商品選びには適さないという問題点もあります。当既製品の場合は完成した状態で販売されるため、素材や形状、サイズ、色、デザインといった条件は商品ごとに限定されています。既製品の中にも素材やカラーなどのバリエーションを豊富に展開している商品は存在します。
購入者は用意された商品の中から自分に合うものを選択することができますが、自分にとって最適なものを見つけ出すのは難しいことも少なくありません。自分に最も適した商品を見つけ出すためには、オーダー品を選択することもおすすめの方法です。

既製品にはない魅力を持つオーダーメイド品の情報


これから東京などでソファを購入する場合、自分にベストマッチしたアイテムを手に入れたいと考えるのであれば、既製品よりもオーダーメイド品を選択するのがおすすめです。オーダー品の場合、注文する段階では商品が出来上がっていません。顧客からソファの高さやデザインなどの希望を聞き、その条件に合った商品を職人が一つひとつ丁寧に製作します。既製品を購入する場合と比較すると、負担するコストや時間は多くなる傾向です。一人ひとりのオリジナリティーを強く反映させた商品が手に入り、自分にとって最適な商品をカスタマイズすることができるという魅力があります。また、オーダーメイドサービスの中でもカスタマイズ性の高いものを利用すれば、この世に一つしかないお気に入りのアイテムを手に入れることも可能です。誰も所有していないお気に入りのアイテムであれば、それだけ愛着が湧き、長く使い続けることができるでしょう。
既製品は購入時にかかる負担が軽くて済む傾向にありますが、ソファに対するこだわりが強い人にとっては、かえって負担が重くなる可能性もあります。自分の気に入った商品が見つからず、さまざまな店舗を回ったりいろいろなアイテムを比較、検討したりしているとそれだけの時間がかかることとなります。たくさん探し回った後、ある程度の段階で諦めて既製品を購入することになれば、実際に使い始めてからやはり妥協点が気になって早期に買い替えを希望するということもあり得ます。そうした状況になると、買い替えの機会が増えるために、その分金銭的な負担がかかることとなります。

現在主流になっている考え方と物を大切にする心について


現代社会においては、物が大量に生産され、消費されるという考え方が主流となっています。商品が安い価格で販売されているので手軽に購入することができ、買ったものが気に入らなくなったり不具合が生じたりした場合には、すぐに捨てて別のものを購入すれば良いという考え方になりがちです。合理的な考え方を採用することで、商品を提供する側の人間にとっては、大量生産によるコストダウンや生産性の向上、消費者の立場からすれば、購入費用の節約や手続きにかかる負担の軽減といったメリットを享受することが可能です。現在では、合理性を追求することによってメリットを得るという考え方が主流となっていますが、大量に生産し大量に消費するという時代背景の中で、物を大切にする心が失われつつあります。
こうした問題を解決するには、東京などの店舗で提供されているソファのオーダーメイドサービスを活用することも解決も一歩となる可能性があります。オーダーメイド品は、素材や構造、座り心地をとことんまで追求することができる、自分のオリジナリティーを強く反映させることのできる商品です。購入した後に自分の妥協した点に不満が生じるということは少なくなります。また、自分のこだわりを強く活かしたアイテムであるからこそ、愛着が湧き長い期間にわたって大切にし続けたいという気持ちも芽生えるでしょう。
オーダーメイドのソファは、メンテナンスができるという点でも優れています。一般的に既製品のものは10年前後で革を張り替えたいと感じたりウレタン部分が傷んでしまったりすることが多いです。オーダーメイド品であれば、革の張り替えやクッション材の交換に対応することができる店舗も存在しています。定期的にメンテナンスし、修理やパーツ交換をしていくことによって、一生涯にわたって使い続けることができることもあります。職人が丁寧に作り上げているソファを探してみてはいがかでしょうか。