COLUMN

コラム

高級ソファー専門店のソファーズTOP > コラム > 実店舗や通販ショップでソファを注文する際は

実店舗や通販ショップでソファを注文する際は

リビングに快適な空間を作り上げたいと考えている方へ


自宅のリビングルームを、ゆったりとした気持ちでくつろげるスペースにしたいと考えるのであれば、設置するソファの選び方にも気を配ることが大切です。リビングに居心地の良いソファがあれば、お気に入りの場所として快適な時間を過ごすことが可能になります。ソファは、座るために使用するというのが基本的な考え方ですが、こだわることができるポイントはその他にも数多く存在します。座り心地を例に挙げると、クッション材やカバーの素材などによって感触がさまざまに変わってきます。そして、どのような座り心地のソファを良いと感じるのかは、人それぞれの希望条件などによって違いがあります。
このように、一人ひとりのこだわりを強く反映させたソファを購入したいと考えるのであれば、オーダーメイド品を選ぶのもおすすめの方法です。最近では、インターネット通販でもソファのオーダーメイドサービスを利用することができるようになりました。ソファの中でも、既製品は、すでに出来上がったものが販売されていますが、オーダー品の場合、注文を受けてから注文内容に適合するアイテムを一点一点製作することとなります。そのため、既製品のように大量生産によるコストダウンやリーズナブルな価格設定、納期の短縮を実現することは難しくなりますが、機能性やデザイン性などの面において、一人ひとりのオリジナリティーを強く反映させた製品が手に入るという魅力があります。注文者にとっては、既製品を購入する場合と比較すると、コストや時間、エネルギーの負担が重くなる傾向にありますが、自分にとって最適なアイテムをカスタマイズすることが可能になるでしょう。

既製品にはないオーダーメイド品の魅力をご紹介


現在通販サイトなどにラインアップされているソファは、既製品でもバラエティーに富んでいます。それらのアイテムは一つひとつ異なる魅力を持っていますが、いざ自分が購入しようという段階になると、疑問や不安が生じてくる可能性もあります。既製品の場合、多くの人に受け入れられる商品を提供しようというのが基本的な考え方です。そのため、それぞれに異なるコンセプトに基づいた製品作りをしていても、出来上がったアイテムは汎用性の高いオーソドックスなものとなる傾向にあります。また、素材やサイズ、カラー、座り心地、デザインなどの選択肢を豊富に用意し、バリエーション豊かに商品展開をしていても、一人ひとりの消費者に対して最適なアイテムを提供するのは難しいというのが実情です。それは、すでに出来上がった状態で市場に出回るため、注文者にとっては、サイズは合っているけれども座り心地が気に入らないといった問題が起こりがちになるからです。
もちろん既製品でも、自分のニーズになるべく近いものを選択し、取り扱いに注意して、丁寧にメンテナンスや修理を行なえば、長い期間にわたって使い続けることができるでしょう。ただ、ソファに対する思い入れが深く、こだわりの強い人にとって、自分のオリジナリティーをより強く反映させた商品選びをするためには、既製品よりもオリジナル品の方が適しているでしょう。

事後のトラブルを防ぐにはしっかりとしたイメージづくりをすることも大切


実店舗やネット通販ショップなどでオーダーメイドのソファを購入するにあたって、気になりやすいポイントの一つに、仕上がり状態の問題があります。既製品の場合はすでに出来上がった状態で店舗の店頭に展示品が陳列されたり、通販サイトに画像や説明文が掲載されたりしています。そのためソファを注文する人にとっては、完成状態が把握しやすいという利点があります。その一方でオーダー品の場合、注文者が企画、設計の段階から作業に携わり、業者と打ち合わせをしながら製品を作り上げていくこととなります。既製品にはないこだわりの一品が完成する可能性もある反面、自分のイメージしたものとは異なるアイテムが出来上がってしまうこともあり得ます。
そのような失敗をしないためには、事前の構想や業者との打ち合わせの段階において、しっかりとしたイメージづくりをしておくことが大切です。そうした目的を果たすためには、利用する業者の選び方もチェックしたおきたいポイントになります。オーダー品であるからと言って、顧客から言われたものを言われた通りに作るだけで良いという考え方の業者を選択すると、イメージ違いのトラブルが発生するリスクが生じてしまう可能性が高くなります。一方で、顧客から要望をヒアリングした上で、プロの立場から専門性の高いアドバイスや提案を行なってくれる業者は、利用価値が高くなります。そのように優れた業者を選び出すためには、それぞれの業者が業界内で積み重ねてきた実績などにも気を配ることが大切です。優れた業者が見つかった場合は、自分の要望をきちんと伝えることも重要です。