COLUMN

コラム

HOME > コラム > 高級ソファーは素材にこだわって選ぶことが大切

高級ソファーは素材にこだわって選ぶことが大切

一生使える高級ソファーの素材選び


頻繁に買い替えることのないソファーだからこそ、何年も使い続けたいと思う人が多いでしょう。出来ることならば一生使えるものを選びたいという気持ちから、いろいろな店舗を巡っては、自分の好みにピッタリあうソファーとの出会いに胸躍らせている方も少なくありません。選ぶ際に一番気にしているチェックポイントとして、サイズが挙げられます。一生使いたいという思いがありますので、いま住んでいる間取りに合わせることも勿論ですが、大きな住まいに引越した場合でも、部屋の内装にマッチングするような大きさやデザインは、よく考えなければいけません。
そして、座り心地も大切な要素です。腰の沈み具合、背もたれの感覚などを納得するまで確認しましょう。このようなことからもソファーは、衝動買いするのではなく自分にぴったり合うものを選びましょう。
それでは実際にソファーを選ぶ時に気を付けなければいけない点とはどういったものなのでしょう。後悔しないためにもしっかりと覚えておきましょう。実は、ソファーがどれくらい使用できるのか、その耐久性は内部に使われているクッション材だと言われています。手頃な値段から高級ソファーまで様々ありますが、どれもクッション材などの素材が決めてとなります。また、内部の構造にも違いがあることからこの二つの点を確認しながら検討するといいと考えられています。
ソファーを購入する際に家具メーカーかどうか、一方通行の販売なのかによっても、今後の対応など違いがハッキリとわかれてしまうものです。しっかりとしている店舗であれば、消耗品であるクッション材やカバーなど生地の張り替えができることで、生涯にわたって使い続ける夢も実現できるのです。

素材にこだわる高級ソファー


一生モノのソファーを選ぶのなら、素材や質感、クッション材にこだわった高級ソファーを探してみてはいかがですか。ソファーはどれくらいの期間使用できるのか定かではない意見も多くみられます。店舗の方に聞いても、「お客様の使い方次第で違いがあります」などという曖昧な返事ばかりです。高い買い物をするわけですから、買い手側としても素材のことや耐久性についても事前に調べておくようにしましょう。
安い価格だから買うのではなくて、一生モノとしてのソファー選びを学び、最高の座り心地を手にしましょう。日本国内にもソファーを一点一点手作りしているメーカーが幾つかあります。どれも長く使用できるための耐久性と座り心地、高品質を前面に押し出しています。中身を確認することのできないソファーですから、信頼できる店舗で購入することをおすすめします。ソファーの骨組みとも言うべきフレームは、大人が2名座っても、その衝撃を均等に受け止められる強固な木枠であれば長期間の耐久性という点でも優れたものです。
また、次に大切なものがクッション構造です。バネやスプリングは一般的なものとして出回っていますが、弾むことが必ずしもメリットではありません。数年間の使用においてはバネがヘタってくることやギシギシと嫌な音が出てくることも多々あります。しかし、イタリア製の最高グレードのウェービングテープであれば約600㎏もの力が加わっても、その力を分散して心地よい座り心地だとも言われていますので、検討してみるといいでしょう。木枠フレームを支えることのできる脚の形状も見た目の雰囲気も大切な要素ですが、安定性のあるものを選ぶといいです。

高級ソファーはファブリックなど素材で決める


フレーム枠やクッション材がソファーの命だということが理解できたところで、最終的に生地に高級感を持たせることで見た目が華やかになり、高級ソファーが誕生するのです。部屋の雰囲気に合うソファーの生地選びは、生地の種類も多く選ぶのが大変かもしれませんが、出来上がりを想像しながら選ぶことも楽しい時間でしょう。高級感を持たせるためにも、生地は良い品質のものを検討しましょう。ソファー用の生地は、洋服作りのものとは違いがあります。長時間使用できるように耐久性はもちろんのこと、飽きの来ない色や風合いを選んでみてください。店舗によっては、300種類以上ものイタリア製の生地を取り扱っているところもあります。それらの生地は、丁寧に保管されていて生地目が押しつぶされないように吊り台が使用されています。また注文後の裁断についても生地の状態を確認しながら裁断する職人が在籍していると安心して任せられます。
高級ソファーの場合には、ほとんどが生地をカバーリングして製造しています。生地の擦れや痛みなどが生じれば、カバーごと新しいものと交換できるように作られているのです。一カ所が破れてしまった場合でも、クッション1つ、カバー1つから交換できるようなソファーを選ぶといいでしょう。
また、高級ホテルのような本革を使用するタイプのソファーも耐久性に優れている上質な革を選ぶといいです。本革も国内産や海外からの輸入物を使用することになりますが、良質な素材を常に仕入れている業者は信頼がおけます。下位タイプの本革は色味を変更することができますので、明るめの色にしてみることも可能です。
一生モノとしてソファーを選ぶためにも、フレームや生地を妥協することなく選択すればきっとお気に入りの座り心地が手に入るでしょう。