COLUMN

コラム

HOME > コラム > 高級なソファは実際に座り心地を確かめてから購入しよう

高級なソファは実際に座り心地を確かめてから購入しよう


ソファは座り心地を吟味して選ぶ

 

時間をかけて選んだソファなのに、使っているうちに失敗したと後悔する方が意外と多くいます。失敗してしまう方は、柔らかくて座り心地が良い、無垢材が素敵で衝動的に買った、ブランドものだから、大手家具店の品物だからなど、しっかり吟味せず衝動的に買ってしまう方が多いようです。ソファは頻繁に購入するものではないですし、高級な品物ですからすぐには買い替えることもできません。

ソファは一人暮らしでも、子どものいるファミリーでも、どのような家族構成であってもなくてはならない家財道具ですし、その大きさからもリビングの主役となるものです。長く快適に使えるものを購入するためには、サイズとスタイルが決まったら座り心地を吟味することが大切になります。購入するときには、座ってみて硬さ柔らかさの感触を確かめますが、ちょっとの間座っただけではその良しあしはわかりません。いろいろなものを座り比べながら、じっくり座って座り心地の良さを判断する必要があります。

2時間以上身じろぎもせず映画を見ることのできるような疲れにくいもの、全身を包まれるように昼寝のできる気持ちのいいもの、座ったときに安心感のある、もっちりとした感触のあるもの、そのようなものが理想的です。ソファは長い時間座るものですから、座ったときの感触が大切になります。硬すぎるとだんだん居心地が悪くなりますし、柔らかいと体が丸まり腰痛の方にはつらくなってきます。柔らかくもっちりと包み込んでくれる感触が好みの方もいれば、少し硬めで反発力が欲しいという方もいます。

このように座り心地の好みが分かれても、オーダーすることができれば、細かな座り心地も表現することができます。高級志向の柔らかいものは、座面が沈みこみ腰に負担が大きく腰痛の原因になってしまいます。まさに、座り心地が健康を左右することにもなります。



座り心地を左右するソファの内部構造

 

ソファには寿命があり、2~3年でダメになってしまうものもあれば、10年以上使えるものもあります。寿命を左右するのは素材や内部構造の耐久性であり、内部構造は座り心地にも直接大きな影響を及ぼしています。本来は高級な品物ですし、安い品物には安いなりの理由があります。耐久性と座り心地の要である内部構造は、メーカーや商品によって大きく異なっているので、中身が見えないからこそよく吟味することが大切です。

耐久性と座り心地の大きな要因になっているのが、クッション材のウレタンの質です。硬くもなく柔らかくもない、丁度良い感触にするには体圧を分散しなければなりません。そのために必要となるのがウレタンの密度です。使われる密度によって耐久力やクッション性が違ってきます。

高密度なものになると、衝撃吸収性が高まり耐久性も高くなります。密度が高くなるとその分だけ高級なものになりますが、高密度なウレタンにすることで座り心地を高めることができるのは間違いありません。安い品物にして座り心地も悪く、耐久性も低く長持ちしないよりも、高品質・高密度の高級なソファにすることでかえって安上がりにすることができます。

また使われているクッション材は、ウレタンの他にもフェザーという素材が使われています。フェザーも高品質なものほど耐久性と座り心地に優れています。

このように、一般的に流通しているものに比べると、内部構造に高密度・高品質のものを使うことで、圧倒的な耐久性と座り心地を実現しているものがあります。自分好みの座り心地にカスタマイズした世界に一台だけのものを買い求めることができます。



理想のソファはオーダーで作る

 

ソファは大型家具店や地元の家具屋などいろいろな所で販売されていますが、実際に座ってみて、いろいろ比べ吟味して購入するべきです。多くの販売店がある中、注目を集めているのがサイズやデザイン、クッション性にこだわり、長く快適に使用できるオーダーソファです。オーダーというと高級なイメージがありますが、最近ではかなり安価に作ることができるようになっています。

オーダーでは張り地や脚の色、素材などを選べるのはもちろんのこと、サイズの調整もすることができます。また、デザインは気に入ったけれど、座り心地は別のソファが良いという場合には、座り心地のオーダーもすることができます。座り心地オーダーは、座面と背面のクッションに含まれるウレタンやフェザーの密度や量を変えることで、座り心地の調整を行なうことができます。

また、オーダーでは傷みやすいクッション材や張り地の交換ができ、メンテナンスが充実しているのも人気になっています。特にクッション材は同じ場所に座っていると傷みが激しくなりますが、交換することで新品のように蘇らせることができます。このように、傷みやすいパーツを修理・交換するだけで耐久性はグーンと高まり、コストパフォーマンスも良くなります。

オーダーは高い技術を持つソファ作りの職人が、頑丈かつ美しい作品を一台ずつ丁寧に手作りしています。注文してから1つずつ生産しているので、自分好みの満足できるソファを作れます。素材と座り心地にこだわったクオリティの高いソファ、そのような素晴らしい作品を作っているメーカーを見つけましょう。