COLUMN

コラム

HOME > コラム > 長く使うことを考えても有効なオーダーメイドのソファ

長く使うことを考えても有効なオーダーメイドのソファ

自分らしいものを手にするオーダーメイド



家具を購入するということを考えると、選択肢は大きく分けて2つあります。量販店や通信販売でも購入できる既製品の購入と、自分の希望によって作り上げていくオーダーメイドの2つです。方向的には、この2つの中から選ぶことになりますが、オーダーメイドはよくわからないし高くつくから既製品にしたいという人もいるでしょう。しかし、これは早計です。どうしてオーダーメイドにするという選択肢が出てくるのか、特にソファという家具の持つ特性ということから見てみると、その意味がわかるようになってくるでしょう。

オーダーメイドで作ることのメリットとしては、自分の欲しいものを手にすることができるということが挙げられます。欲しいものというのには、いろいろな条件がありますが、そのひとつとして重要になってくるのがサイズです。家具は、予定したところにぴったりとおさまらなければ不満が出てきてしまいます。その不満を解消するために、大きな変更をすることになる可能性もあります。ところが、ソファのように大きな家具となると、そう簡単に変更はできません。交換するようなものではないのですから、サイズは重要視していかなければいけない項目です。

既製品ということで考えると、すでに作られているものを購入するということになります。つまり、サイズはラインナップの中から選ぶことはできても、自分の希望するサイズにすることは難しいと考えなければいけません。数ミリ単位でも調節することができることを考えると、オーダーメイドにするということの意味が見えてくるでしょう。これはこだわりということだけではありません。将来にわたって使いやすいものを手にするということを考えれば、こだわらなければいけないからです。



こだわりたいクッション性



クッションは、ソファにとって生命線ともいえる部分です。やわらかな感触がソファにとって大事なことですが、ただ柔らかければいいというわけではありません。体があまりに沈み込めば、負担に感じてしまうこともあるでしょう。力を受け止めてくれるような感覚がなければ、疲れ果ててしまうことも出てきます。ふかふかと柔らかでも、すぐにへたってしまえば、ソファとしての価値は下がってしまうことになりますので、力強さもなければいけないということです。オーダーメイドの場合、非常に強い力を持ったウレタンを使うことができます。

既製品では、どうしても生産性や価格といったことが重視され、密度の低いクッションを使うことが多くなります。安く上がったとしても、長く使うことができなくなれば、その分だけ出費を強いることにつながってしまいます。特に目で見ることができないクッション性といった部分は、手をかけていくことが重要であることは確かです。オーダーメイドの場合には、高密度のウレタンを使い、優しく包み込んでくれるフェザーを選んでいくことができます。それも圧倒的なボリュームで作ることができれば、高い品質を作り上げることが可能です。

この違いは大きなもので、納得のいくクッション性を実現するためには欠かせないことといえます。腰に負担を感じてしまうような人には、できるだけこだわらなければいけない部分です。妥協することは、使用する期間が短くなってしまうことになる場合もあるので、オーダーメイドで納得のいくものにするべきでしょう。



インテリアとしてみた時に



ソファをインテリアとして捉えた場合、デザインを含めカバーもこだわっていきたいところです。大きな家具になるソファは、インテリアとして見た場合大きな影響を与えます。間仕切り的に使うこともできますし、背に壁を背負わせることもできるのですから、バリエーションも豊かに使うことができます。それだけに、どんな色合いにするのか、質感はどんなものがいいのかを考えていかなければいけません。これは既製品でも迷う部分ですが、インテリアとして大きな影響を与えるためよく考えることが大切です。

実際に使われるカバーには、ファブリックや本革、合成皮革の3種類が存在し、それぞれに風合いが異なります。革にもさまざまなものがあるように、ファブリックにも種類が多く、それぞれに風合いも感じ方も異なるため、細かく選んでいきたいところです。インテリアとしてメインカラーにしていくのか、それとも差し色として使うのか、大きな家具として影響力は小さなものではありません。細かくこだわっていきたいと考えれば、決められたものしかない既製品に比べ、オーダーメイドにすれば、大きな選択肢が生まれてきます。

ソファは、生活において重要な家具です。そこまでこだわらなくてもと思うかもしれませんが、生活に密着する以上、長く使っていくためには、できる限りこだわる必要があります。実現するためには、高い技術をもち、メンテナンスもできるところでオーダーすることが、最高の選択であることは間違いありません。

高級ソファ専門店のSofasトップへ