COLUMN

コラム

HOME > コラム > 理想のおしゃれなソファを手にいれる

理想のおしゃれなソファを手にいれる

ソファ選びのポイント


インテリアとしてだけではなく、リビングの顔にもなるのがソファです。新しく購入するときや買い替えるとき、店頭やインターネットにはおしゃれな商品が並んでいるので、きっと目移りして悩むことでしょう。そこで選び方のポイントをいくつか紹介します。
最初に決めておくのがサイズです。いくらお気に入りのソファが見つかったとしても、部屋のサイズに合わなければ設置が困難になります。上限サイズを計測してからソファ選びに取り掛かりましょう。また、どのように過ごしたいかを想像することにより、適切なサイズも変わってきます。一人でのんびりくつろぎたいのか、家族みんなで座りたいのか、ごろんと横になれるものがいいのかなど、自分が必要としているタイプを見極め、上限サイズと照らし合わせてソファの大きさを決めます。
次は素材です。大まかに布製、合皮製、本革製の3つに分かれます。布製は色やデザイン、生地の種類などが豊富です。肌触りが優しく伸縮性もありますが、一方で汚れや匂いがつきやすかったり、摩擦に弱かったりする部分もあります。合皮製は汚れに強くて本革に比べ価格も安く、カラーバリエーションも豊富です。しかし人工物なので人肌になじみにくく強い衝撃で破れてしまうこともあります。本革製のメリットはなんといっても高級感です。ダメージも劣化としてではなく独特の味わいになります。メンテナンスをすると大変長持ちしますが、価格は他に比べると高めになっています。それぞれのメリットデメリットを加味しながら考えるといいでしょう。
そして一番重要なのが座り心地です。やわらかめがいいのか、硬めがいいのかは、好みで判断されるポイントです。1日中ソファの上で過ごすのか、数時間くつろぐだけなのかライフスタイルによって過ごし方は異なりますが、重要なのは座っていて疲れないということです。実際に自宅で使用するような体勢でできるだけ長く座り、試してみるのをおすすめします。

ソファの寿命


ソファには寿命があるのをご存じでしょうか。平均寿命は使い方にもよりますが3年から10年です。
素材別にみると、布製は5年前後です。汚れや匂いがつきやすいので、もう一枚布をかけるなどをして防止策をとるようにします。合皮製はひび割れが生じることがあるので布製と同じく5年程度です。本革はメンテナンスをこまめに行うと10年以上使用できるものが多いです。
寿命の見極めかたとしては、汚れや破れがひどく目立ってきたときがポイントです。見た目にもよくありませんし、清潔感も損なわれます。カバーをかけて使用することもできますが、破れた部分から内部のクッションが出てくることも考えられます。そして座り心地が悪くなってきたら寿命が近くなってきたということです。
何年かおきにおしゃれなソファをライフスタイルに合わせて買い替えるという人もいますが、オーダーメイドで一生使える逸品を作るという選択肢もあります。工場で作られる大量生産のソファに比べ、職人さんがひとつひとつ手作業でつくるオーダーメイドのものは耐久性にも定評があります。またパーツごとに修理や交換が可能なケースが多く、メンテナンス性においても優れています。購入価格は既製品よりも高い場合が多いですが、一生ものとして愛用することを考えるとコスト面でもそれほど割高ではありません。

ソファのオーダーメイドのすすめ


ソファの選び方や寿命について紹介しました。納得のいくソファに出会えない、自分のこだわりをつめこんだおしゃれなソファを手に入れたい、そんな方もオーダーメイドを利用してみてはいかがでしょうか。自分の理想の色や素材に出会えない場合もオーダーメイドならたくさんの種類の張地やレザーから選ぶことができます。足の色や素材、高さにもこだわりを反映させることが可能です。
またサイズに関してもあと少しだけ小さかったら部屋に入るのに、もう少し奥行きが欲しいなど、数センチの細かいリクエストにもオーダーメイドだと応えてくれます。そしてやわらかめや硬めなど、座り心地も自由にカスタマイズできます。座面クッションと背面クッションを調節することによって理想の座り心地を実現することが可能になります。小さなお子様やペットがいるご家庭には撥水加工のオーダーもおすすめです。生活汚れの軽減によりソファの寿命を延ばせる効果があります。
オーダーをするときの注意点としては、サイズの計測は正確に行いましょう。せっかくお金をかけてオーダーをしても、思ったとおりに設置できなかったり、使い勝手が悪かったりしては元も子もありません。細かすぎるくらいの計測でちょうどいいくらいです。予算をしっかり決めるということも大切です。サイズ、素材、使用感など自分好みで選べるのがオーダーメイドの利点ですが、こだわりを詰め込めば詰め込むほど金額は上乗せされます。こだわりの優先順位をあらかじめ決めておいて、予算と相談しながらオーダーするといいでしょう。