COLUMN

コラム

HOME > コラム > 満足できるソファはオーダーで

満足できるソファはオーダーで



理想の状態のものを手にする



現在の市場を考えると、家具は簡単に手にすることができます。量販店に行けば、いくらでも見つけることができますし、ソファも種類を見ることができるでしょう。ですが、そこで満足するものが見つかるかどうかということで考えると、必ずしもそうとは言い切れません。

既存品を購入するという選択のほかには、オーダーで作成するという方法もあります。選択肢として似ているようですが、実際にはまったく違うものを手にすることができるようになるのですから、よく検討していかなければいけません。特に満足できるソファを手にしたいと思うのであれば、検討はできる限り続けていく必要があるでしょう。オーダーで作るということは、とことんまでこだわったものを作り上げることができるようになります。そのひとつとしてあげることができるのがサイズです。

ソファという家具を考える場合、うまく収まらなければ意味がありません。特にこれまで床に座っていた場合、スペースの考え方が全く異なります。イメージ通りに置きたいということを考えても、サイズは重要なことですので、既製品ではうまく収まらないときにはオーダーを検討した方が良いでしょう。数センチ単位で合わないといったことでも、オーダーならミリ単位でも調整が利くようになるため問題がありません。高さに関しても、理想とした状態にぴったりと収めたいのであれば、既製品では不可能なことも多いためオーダーにするべきです。納得できるもので無ければ、納まりということは解決できないでしょう。



座ったときの感触を考えて



ソファは座るものです。飾るものではないのですから、座ったときの感触が大切になります。柔らかく包み込んでくれるような感触が欲しいということもあれば、少し硬めで反発力が欲しいという人もいるでしょう。既製品は、かなり柔らかいものが多く、腰が沈んでしまうようなものが多いのは確かです。この感触も、好みがわかれるところですから、好みのものではないことも出てきます。これは、使われている素材の違いでもあり、すべて同じものを使っているわけではないからです。

オーダーにすることができれば、素材の調節もできるようになります。柔らかさも自分の好みのものに調整できますし、細かな座り心地も再現可能です。腰痛があるという人に負担にならないようにすることもできるため、生活環境を整えることができるようになります。どうしても不安があって、ソファを使いたくないという人でも、オーダーにすれば問題がないこともありますので、試してみる価値は十分にあるといえるでしょう。快適に過ごせなければ意味がないのですから、期待に応えてくれるはずです。

カバーも好みのものにすることができます。デザインだけではなく、肌触りにもかかわる部分であり、快適な環境にするためには重要な要素です。ファブリックや本革、合成皮革がありますが、好みのものを選ぶことができます。さまざまなデザインや素材について対応することができますので、自分の好みを再現できるでしょう。

メンテナンス性を上げるために取り外しもできるようにすることができます。ソファということでは、フレームも重要な構成要素ですが、これは既製品などでは見ることができないパーツです。耐久性にもかかわる部分で、しっかりしたものにすることができます。オーダーだからこそこだわっていくことができる部分でしょう。



後悔しないソファを作る



ソファを作るのは、非常に高い技術が必要になってきます。理想としているものに仕上げるためには、かなりの難易度になってくるといえるでしょう。既製品と比較してしまうと高いと感じるかもしれませんが、制作の難易度や理想に近づけることを考えると、そこまで高価なものではありません。大量生産によるコストカットを目指していった結果、満足することができるものとは言えないこともよくあるでしょう。そのため、高くつくと考えるのは、早計であることは間違いありません。

最近では、オーダーメイドであっても、かなり安価に作ることができるようになりました。手軽にオーダーできるようになったことが、家具としてもインテリアとしても、理想をかなえることができるようになったといえるでしょう。そうそう買い替えたりするものではないため、長く使っていくことを考えても、オーダーにすることにはメリットがあります。

配置した時に満足できるかどうかということも大きな差が出てくるでしょう。テレビを見たりするだけでも、高さやクッションの好みが合わなければ、不快に感じてしまうことになるからです。窓の高さなどにうまくあわせることで、快適な空間を作り出すこともできます。満足することができるものを手にするのは、至高の喜びでもあるでしょう。買って後悔しないためにも、本当にどんなソファが欲しいのかを考え、満足できる物に仕上げていくことがポイントです。

高級ソファ専門店のSofasトップへ