COLUMN

コラム

HOME > コラム > 日本製ソファの特徴

日本製ソファの特徴


日本製ソファの特徴



ソファは人に癒やしを与えることができる家具です。日本製ソファは、高い技術を持つ日本のプロの職人たちによって、長年使い続けてほしいソファだからこそ、丁寧に作られています。高い耐久性のウレタンにハンガリー産やイタリア産の生地など、世界中からさまざまな素材を厳選し、ソファフレームの構造から仕上がりまで、手作りで仕上げています。

また、日本のプロの職人たちが丹精こめて作った日本製ソファは、メンテナンスがしやすいように作られているのが特徴です。商品は古くなったら捨てるのが一般的ですが、メンテナンスを繰り返すことで深みが増し、長く同じソファと付き合う事ができます。

さらに日本で作られたソファは、ソファを使う人が全体重を預けられるように、プロの職人たちが人間の関節の動きなどさまざまなことを考慮した、美しく機能的なデザインとなっています。ソファの座り心地も、自宅で映画を鑑賞するために長時間座ったり、リラックスして座れるように柔らかめのタイプや、少し固めのタイプなどその人にあった最高な座り心地を提供できるのが、日本製ソファの大きな魅力です。

そして、いろんな種類のソファカバーの中から、季節に合わせて自分の好みにソファのカバーを変えることができるのも、インテリアにこだわる人にとっては嬉しいポイントです。



日本製ソファの素材と構造



ソファを作るメーカーは日本にたくさんありますが、それぞれ独自の方法で自分達だけの日本製ソファを作り上げています。例えば木製フレームタイプのソファは、見た目がスタイリッシュで人気が高く、使用する素材の違いで耐久性や見た目も大きく変わるため、様々なバリエーションが作られています。フレームが全く見えないタイプだと、革や布で全体を覆うような形で作った総張りソファがあり、こちらはリビングなどに鎮座して、家族全員が座れるようなソファとして用意されることが多いです。

またソファカバーの違いも見た目などに大きく影響します。例えば張り込みタイプは、ソファカバーが本体に打ち込まれ、剥がせない仕様になっています。革張りソファなどは張り込みタイプに該当し、統一感のある見た目が魅力的です。一方で汚れたり傷が付いたりしたときはそのままの状態になってしまうため、乱暴に使ってしまうと見た目が非常に悪くなります。そのため、小さいお子さんがいるなど、乱暴に使わざるを得ない環境に置くのであれば、クリーニングや取り替えが可能なカバーリングタイプを選ぶと良いでしょう。カバーリングタイプなら簡単にカバーを取り外せるため、洗濯や修繕もすぐ行えます。常日頃から細かくお手入れができるようになっているので、常に清潔でキレイなカバーを使えますし、気分で柄を変えるなど、生活スタイルに合わせた変化を与えられます。

さらに日本製ソファでは、スプリングにも様々な違いがあります。例えばウェービングテープと呼ばれるテープ素材を使ったソファの場合、強固なテープがばねのように体重を受け止めて、独特な座り心地を生み出します。安いクッションやスプリングだと、体重を支えきれずに完全につぶれてしまい、いわゆる底付き感を感じるため、座り心地を第一に考えるなら、どんなスプリングを使っているか、きちんと確認したほうがよいでしょう。



さまざまなサービス



高級な日本製ソファとなると、ソファを購入してくれた人の安心感や充実感を得て貰うために、外国に渡って素材を探し、プロの日本の職人たちが一つ一つ丁寧に手作りして、徹底して高品質を目指して作り上げられていることもあります。それだけでも十分評価に値しますが、ソファを専売する家具店になると、さらにアフターサービスも徹底して行います。高級な日本製ソファともなると、大事にメンテナンスを続ければ、それこそ一生使い続けることができるとされており、そのためにはプロのメンテナンスがどうしても必要となります。そのため家具店にもよりますが、アフターサービスとして点検などを行うこともあります。

購入前に依頼できるサービスだと、デザインやばねの強さなど、細かいところも自分好みに設計できるオーダーメイド方式を採用している家具店もあります。さすがにオーダーメイドとなると、値段も相当なものになりますが、それ以降他のソファを一生買わないと考えれば、値段相応の価値は十分に備えています。

日本製ソファは数多くありますが、製作する側にとってのこだわりや、製作を依頼する方の好みだったりと、様々な要素で同じソファでも全く違う魅力を持ちます。中には海外にまで出向いて素材を探し、新しい技術を積極的に導入したり、昔ながらの製法にこだわる人もいます。

依頼先によって製作の方向性は全く異なるため、日本製ソファを購入するなら、徹底して情報収集を行う必要があります。製品そのものに品質はもちろん、アフターサービスや各種注文の対応など、見るべきところは山のように存在します。