COLUMN

コラム

HOME > コラム > 三人掛けソファなど、ソファの購入をお考えの方へ

三人掛けソファなど、ソファの購入をお考えの方へ

日常生活の中でソファが果たす役割と、購入するソファの選び方



リビングルームは、リラックスした時間を過ごしたり、家族が集まってコミュニケーションを取ったりするために使用されます。また、住宅の中で、最も広いスペースを占有しているのもリビングです。そして、リビングの中でひときわ大きな存在感を放っているのが、ソファになります。

そのように、私たちの日常的な生活シーンの中で大切な役割を果たしているソファですが、購入する商品を探すにあたっては、サイズの選び方もチェックポイントになります。ひと口にソファと言っても、専門のショップでは、一人掛け・二人掛け・三人掛けソファからL字型ソファに至るまで、豊富な商品がラインナップされています。こうしたさまざまな商品の特徴を把握した上で、部屋の間取りや家族構成、ライフスタイルにマッチしたものを選ぶことがポイントになります。

また、業者の中には、ミリメートル単位でのオーダーメイドにも対応しているところがあるので、チェックしてみることをおすすめします。このような業者は、自分のオリジナリティーを活かした商品を手に入れたいという方にもおすすめです。そして、一人ひとりの顧客の適性やニーズ、希望条件によって、適切なソファをスタッフが紹介してくれる業者は、利用価値が高くなります。こうした業者であれば、ソファの購入に初めてチャレンジするために、自分に合った商品の選び方が分からないという方でも、安心感を持って利用することができます。



ソファの購入にあたってのチェックポイント



この先、購入するソファを選ぶにあたっては、三人掛けソファなどと言うように、商品の横幅ばかりに気を取られがちです。しかしながら、ソファ選びの際には、奥行きにも気を配ることが大切です。ソファの奥行きは、リラックスのしかたや度合いに影響を及ぼしてくる条件です。したがって、座り心地や寝心地に重きを置いて商品をえらびたい場合には、奥行きのサイズをきちんとチェックしておくことが大事になります。

例えば、奥行きが浅めのソファは、床に足をつけて、しっかりと座りたい方におすすめのアイテムです。また、奥行きが深めに作ってある商品は、ソファの上に足を上げてあぐらをかいたり、寝転がったりしたい方におすすめです。奥行きがゆったりとした作りになっていれば、いろいろな体勢でくつろぐことができるので、リラックスの度合いが高くなるでしょう。

次に、座面と背面のクッションが何分割になっているのかも、商品選びの際のチェックポイントです。例えば、座面と背面のクッションがそれぞれ2分割になっており、二人掛けソファのように見えるものの、実際には三人掛け用のサイズで作られている商品も存在します。こちらは、二人でゆったりと座りたいという人に人気を呼んでいるアイテムですが、もちろん、三人で腰掛けることも可能になります。とは言うものの、三人掛けをメインとする場合には、3分割シートや、フラットな1シートタイプの商品を選んだ方が、座り心地に違和感がなく、外見的印象のバランスも良くなるでしょう。

そのように、シートの分割数と使用人数が一致していないソファはめずらしくありません。そして、ソファを取り扱っているショップの中には、サイズの他に、シートの分割数も自由にオーダーすることのできるところがあるので、チェックしてみると良いでしょう。



サイズとスタイルに着目した商品の選び方をご紹介



ひと口にソファと言っても、その形状や使用方法などはバラエティーに富んでいます。例えば、サイズについては、「一人掛けソファ」「二人掛けソファ」「三人掛けソファ」が主なものとなっています。その内、一人掛け用のタイプは、パーソナルもしくはシングルとも呼ばれ、一人でゆったりとくつろぎたい場合に適したものです。

また、二人掛け用のタイプは、2Pやラブという呼称もあり、二人で腰掛けた時に、相手との距離が近く感じられるというメリットがあります。そして、三人掛けタイプのソファは、3Pとも呼ばれ、ゆったりと座ることができます。家族でも使用するのに便利で両親が子どもを真ん中に挟んで座り、家族みんなで座ってくつろぐことができる商品です。

次に、スタイルに着目すると、大きく分けて、カウチ・コーナー・ローの3種類があります。その内、カウチソファは、テレビを視聴したり、本を読んだりする時に、足を伸ばしてゆったりとくつろぐことができるタイプの商品です。また、コーナーソファは、その名の通り、部屋の角、いわゆるコーナーにスッキリと収まるよう、L字型の形状をしたものになります。そして、ローソファは、脚部分が短く、座面が低くなっています。その他に、脚部がなく座椅子の形状をしたフロアソファと呼ばれる商品も存在します。ローソファやフロアソファは背丈が低いために、圧迫感が少なく、室内のスペースを広く見せることができるというアドバンテージがあります。

高級ソファ専門店のSofasトップへ