COLUMN

コラム

HOME > コラム > ソファー購入後にも実現可能なアフターサービス

ソファー購入後にも実現可能なアフターサービス

一生モノとしてのソファーを購入しよう


お気に入りのソファーを見つけ出すのはかなり大変ですし至難の業です。大型家具店に頻繁に通ってみても、デザインや材質などのファブリックが気に入ったとしても、腰を落として座ってみた瞬間に見た目の雰囲気だけで気に入っていたものは、何かが違うと頭の隅から消去されてしまいます。欲しかったけど残念だとガッカリすることも少なからずあるはずです。ソファーを探している人が、1つの店舗でお気に入りの逸品を探せる確率は非常に低いことから、購入するまでの道のりは遠いものです。
欲しいものを見つけるためにも、実店舗だけではなくてインターネットでも探してみましょう。ウェブサイトでは様々なタイプが紹介されていますし、クッション材に関しても詳しく説明されています。生地やレザーなど材質に関することでも、ウェブサイトを閲覧することで理解を深めることが可能になります。そこでしっかりと知識を高めてから再度、店舗を巡るとより良い商品と出会えるでしょう。
さて、ウェブサイトで紹介されている家具屋では、実店舗も同時展開していることが多いので、気に入ったものがあれば実際に目で見て、座ってみて確認してみてください。ソファーは、求めやすい価格帯のものから、高級タイプまで種類が豊富にあります。生地が打ち付けられているものは低価格帯のものが多く、耐久性という面からも一生涯使うことは難しいと考えられています。フルカバーは、生地の擦れや破れてしまった場合でも、交換することが可能ですから、長く使えて愛着も湧いてくるといえます。
これ以外にも、購入する際にはどのようなサービスが展開されているのかチェックするといいでしょう。交換用のファブリックに関しては、割引価格で適応してくれたり、アフターサービスがしっかりと付いているなど細かい点も確認しておきましょう。

ソファーを購入する際のポイント


買い替える頻度が比較的低いとも言われているソファーは、どのような点に注意しながら選ぶべきなのでしょう。できることならば、既製品として販売されているものを選ぶよりも、枠組みから素材などのファブリックを選びながら自分だけのオリジナリティーあふれるソファー作りを実現してみるのもいいですね。オーダーメイドで世界にたった一つだけのものを作るには、まずは大きさから決めてみましょう。耐久性のある長期間使えるものを希望ならば、外部からは見えない内部フレームの素材やクッション材にこだわりを持つといいです。
木枠のフレームは、耐久性に優れているので一生モノにはピッタリです。クッション材は、水鳥から採れる希少なスモールフェザーが人気が高いです。長期間使っていれば羽の軸にダメージが掛かりますが復元できる技術があればよみがえるのです。
ウレタンは、どのくらいの重さが掛かるのかによりますが、高密度の素材を選ぶと力が分散されます。高密度というと1平方メートルあたり50kgから75kgほどのものを指します。これは一般的に使用されるものではなくて、乗客数の多い新幹線であったり、オリンピックにも採用されるボルダリングに使われる着地マットと同類のものを利用している店舗もありますので、それだけ腰を下ろして座った場合に発生する圧力が分散されて、衝撃を吸収するものになるということです。
また、バネなどと比べた場合に海外製のウェービングテープを採用している場合には、かなり重い力が加わっても、ミシミシという音もせずに力を分散させてくれます。そのような素材で枠組みを作るといいでしょう。

購入後のアフターサービスがあるソファー


購入後のアフターサービスが徹底していると安心できます。買っただけでは数年後には痛んでしまいますし、日ごろからお手入れしていれば長持ちもするでしょう。しかし、それだけではただの消耗品になってしまうのでアフターケアできるシステムを取り入れている店舗を前もって選んでおくことをおすすめします。
どのようなアフターサービスがあるのかは、それぞれに違いがありますので基本的な内容をお伝えします。厳選している素材とはいえ、どれも消耗品であることに変わりはありません。確かに耐久年数は格段に上ですが、ソファー内部にへたりが生じれば、座り心地も悪くなってしまいます。そこまで悪くなる前にアフターサービスを利用してみてください。もちろん有償ですが大切に使うためには有り難いサービスです。
たとえば、クッション材がウレタンであれば、新しいものに交換することもできます。フェザーでしたら、打ち直しすることで羽毛が生き返ったようにフワフワになります。クッションのカバー素材であれば、生地を新しい柄に変えて一新することもできます。このように痛みが生じているパーツごとに交換することができるのは素晴らしいサービスです。
また、アフターサービスまでの間にも自分でメンテナンスすることも大切です。木製のフレーム材なら布でから拭きをします。手垢などが付いた場合には、水で濡らした布を固く絞り優しく木目に沿って拭くといいです。カバー生地などのファブリック類は、ドライクリーニングに出すことが可能です。自分で洗濯することも考えてしまいがちですが、生地の材質によっては縮みや色褪せの原因になってしまうので止めておきましょう。一つ一つをメンテナンスすることも可能ですし、それによって長く利用することができます。一生モノとしてのソファー選びをしてみてはいかがですか。