COLUMN

コラム

HOME > コラム > ソファを長持ちさせるコツや購入について

ソファを長持ちさせるコツや購入について

ソファを長持ちさせるためのポイントとは?


ソファは高額なものを購入すれば長持ちをするだろうと考えている人もいますが、高額だからと言って絶対に長持ちするとは限りません。実際に使い方が雑だったりすると早く劣化してしまう恐れもあるので、高額なものでもそれほど高くないものでも購入するからには長持ちをさせるコツを知っておいた方がいいでしょう。これから購入を検討中の方に向けて、ここでは長持ちさせるためのコツについて紹介します。
まず一つ目のポイントは日頃の使用方法です。基本的にソファは座るという行動をしますが、特に2人掛けや3人掛けとなると面積も広いです。そのため気を付けなければならないのが、座る場所です。人によって異なりますが、中には同じ場所に長く座っている方もいます。しかし、同じ場所だと一部分だけがヘタる可能性があるので注意が必要です。長持ちのコツとしては同じ場所に座らずに座る位置は変えながら満遍なく使用することが大切です。満遍なく座れば一部分だけが劣化することもなく、劣化スピードも遅くすることができるのでそれだけ長く使用することが可能です。
また二つ目はソファを設置する位置にもこだわることが重要です。例えば設置場所としてメインとなるのはリビングなどが多いかと思いますが、リビングは他にも様々な家具や家電が並べられています。その中でも注意したいのがエアコン、ストーブ、ファンヒーターです。エアコンは直接風が当たるところだと乾燥につながり手入れをしないとひび割れにつながります。早く劣化する可能性も高いので避けた方がいいです。また、ストーブやファンヒーターも張地によって異なりますが変色などにつながるのでなるべく近くに設置しない方がいいです。長持ちさせるためにも特に説明した三つの場所付近に設置することは避けるようにしましょう。
その他にも三つ目のコツは手入れです。素材によって手入れは異なりますが、例えばファブリックなら埃やゴミなどが付着しやすいので掃除機をかけることが重要です。また、ファブリックなら定期的にクリーニングに出せるので、清潔さを保つためにも利用した方がいいです。本革の場合は普段の手入れはから拭きをしましょう。また、から拭きだけでは不十分なので定期的に専用クリームなどを塗って保湿をすることも大切です。このように長持ちさせるコツはいくつかあるので、特に正しい使用方法と手入れは知っておくとより長持ちさせることができるでしょう。

オーダーメイドでソファを作りたい方へ


ソファは既製品で購入する方も多いですがオーダーメイドでも購入ができます。既製品と迷うこともありますが、どちらか納得して決めるためにも魅力的な部分について知っておくといいです。ここではその中でもオーダーメイドの魅力について述べます。まずオーダーメイドは自分だけのくつろげるソファを作れるメリットがあります。これはどういうことかと言うと、例えば身長が170センチほどあるなら、その人の適性サイズよりも小さくなったり、大きくなったりしない、ピッタリサイズのソファを完成させることができます。快適にくつろぐためにサイズは重要です。せっかく購入したのにサイズが小さいとか大きいとかで不快な気分になりたくない人はオーダーメイドの選択について考えるといいです。
また、デザイン性にもこだわれるメリットがあります。例えば高さのある形で作り上げたり、逆に床に近いくらいの低さで作り上げたりなど脚の高さでデザインは変わりますし、脚やフレーム、張地、クッションなどもデザイン性のあるもので仕上げることが可能です。ソファはインテリアとしても重要な家具なのでデザインをこだわる方も多いです。自分の要望通りを目指しているならオーダーメイドを選んだ方が満足度は高いでしょう。このように、オーダーのメリットはいくつかあります。実際に魅力的な部分の方が多いので、特に自分の部屋で長く使えるソファを手に入れたいなら一点物のオーダーメイドのソファを選ぶのがおすすめです。

充実したサービスがあるショップで購入しよう


ショップでソファを購入するならデザインや座り心地なども重要ですが、ショップ自体のサービスも重視した方がいいです。具体的にどんなサービスがあった方がいいのかについてここでは紹介します。まず一つ目はコーディネートサービスです。例えばオーダーをする際にリビングに合うソファが欲しいなど要望がある場合に対応してくれるかはポイントです。実際にショップによってはコーディネートサービスを行っているところもあるので購入する前には確認したいポイントです。
また、二つ目はアフターサービスもチェックするといいです。ソファはパーツごとに耐久性は異なります。ショップによっては劣化した時に交換をするサービスも行っており、できる限り長く使えるようなサービスを実施しているところもあります。このように、ショップによって対応可能なサービスは異なるので、あらかじめ確認してからどこのショップで購入するか検討するといいです。