フレーム

桁違いの耐久性
独自思想の強固なフレーム

どっしりと腰を下ろした時の衝撃を優しく受け止めたり、大人3人分もの重量を何時間も支え続けたり。 このようなかなりの負荷に対して少なくとも数年以上はしっかりと耐える性能が求められますが、 ソファの耐久性の要となるのは何と言ってもフレームです。 ソファーズのソファのフレームは一般的なフレームとは異なる、桁違いの耐久性を誇っています。

一台一台、熟練職人の手作り。
これがソファーズの基本です。

ソファーズではお客様からご注文を頂いてから生産する受注生産体制をとっています。各工程において職人が手作りでお客様お一人お一人のソファを一台ずつ丁寧に仕上げていきます。フレームの組み立てにおいては精確なのはもちろん、そのスピードにも驚かされます。組み立て工程がすべて頭に入っているため無駄な動きも無く、何も見ずに黙々と組み上げて行く様はまさに熟練職人です。フレームの角という角をすべて削り落とすなど手間を決して惜しまず、「今まさに作っているこの一台を最高のモノに仕上げる」という職人の想いやプライドをひしひしと感じさせます。

見えないところにも妥協しない。
全ては耐久性と座り心地のために。

広葉樹の中でも柔軟性があるアルダー材をメインのフレーム材として構成していますが、特に負荷が掛かる部位には硬くて丈夫で木目が美しいとして知られるビーチ材などの高級無垢材を惜しげもなく使用しています。それは「強固なフレーム」を実現させるためには欠かせないこだわりの素材なのです。なぜここまで「強固なフレーム」であることにこだわるのかというと、耐久性の向上はもちろんですが、もう一つの理由としては最高の座り心地を実現させている重要な素材でもあり構造の一つである、『ウェービングテープ』をしっかりと張り込むためです。それにはフレームが強固である必要があります。

Sofas全店にてフレームモデルを展示。
内部構造をじっくりとご覧いただけます。

見たくても目にすることが出来ないソファのフレームですが、私たちソファーズでは、「フレームモデル」を展示しており、フレームや内部構造、そしてその作りの良さをじっくりと店頭にてご覧頂けるようになっています。企業秘密とも言える内部構造をお見せするには理由があります。それはやはりお客様が安心して末永くご使用頂けるように、信頼して頂けるようにとの想いがあります。そしてソファとはその見えない部分こそが重要であり、そこに対する一切の妥協が無いことの証明でもあります。また、同時に他社では同じ品質のモノを絶対に真似して作ることはできないという自信の表れでもあります。